通いやすい英会話教室に通おう〜ペラペラ英語を身に付ける〜

知ることが大事な内容

勉強

TOEFLとはどのようなものかを知りましょう。

TOEFL対策(Test of English as a Foreign Language)とは、アメリカのNPO団体であるETSが主催している英語のテストで、英語圏の大学・専門学校などの教育機関への入学希望者の英語力を判断するために用いられるテストです。 テスト形式はiBT(Internet-Based Testing)と呼ばれるもので、セクションはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4分野で構成されています。 試験時間は4時間、スコアはiBT0-120で判定されます。 またネイティブの学生と一緒に大学で学べるかどうかを測る試験ですから、要求される英語力は高度なものとなります。 例えばアイビーリーグと呼ばれる難関大学では80-100のスコアが必要とされますが、TOEICに換算すると、iBT100が満点クラスと言われているそうです。 しかしこの場合のTOEICスコアには、ライティングとスピーキングが含まれておりません。そして日本人はそれらが苦手な傾向にありますので、TOEICスコアとは単純に比較できないと言えるでしょう。突破のためには効果的なTOEFL対策が必要不可欠です。

TOEFL対策のための具体的な準備

英語力を高めるといっても、日本人が努力してもネイティブのようになるのは容易ではありません。よってTOEFL対策で最も大切なのは「完璧な英語を使おうと思わない」というマインドセットになるかと思われます。 例えばどの分野においても全ての単語はわかりません。単語の意味を前後の文脈から類推する必要があります。その際に必要となるのは、基礎的な文法と単語力です。名詞、動詞がどれなのかがわかれば意味は通じます。接続詞が逆説なら主張は反転しています。このように最低限の文法や単語の意味から、その文章が何を主張しているのか要点をしっかり追いながら読むことが大切です。これはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティング、すべてに共通することです。 また日本語で理解できない学術的内容は、英語で読んでも難しいことは覚えておくと良いでしょう。日本語の文章をスラスラ読めない人は、英語の文章も当然読みにくいです。逆に日本語の文章を読む習慣がある人で、速読が出来る人、予備知識が身についている人は、同内容の英文を読むのも上手な傾向にあると思います。これらがTOEFL対策の基礎にあたると思われます。

Copyright© 2017 通いやすい英会話教室に通おう〜ペラペラ英語を身に付ける〜 All Rights Reserved.