通いやすい英会話教室に通おう〜ペラペラ英語を身に付ける〜

英会話

教材

社会人であれば、スクールのビジネス英語講座を受講しますし、幼児であれば保護者が幼児英語講座を受講させます。これは今後も続いていく傾向です。しかしながら、現在と過去でスクールにおける教え方に変化が全くないかといえば、それは違います。若干の変化が生じています。具体的にいうと、フォニックス理論の導入です。これは文字のつづりと発音をリンクさせるというものです。英語圏の子供は文字のつづりをみても、その発音方法はわかりません。これは日本人も同様です。そこで、つづりをみれば発音方法がわかるように、単語のつづりと発音を体系化させたものがフォニックス理論です。2000年頃をさかいにフォニックス理論を導入する塾や英会話教室が多くなっており、今後も導入するスクールが増える見込みです。

英語学習において注意すべき点について書いていきます。前の段落でも書きましたフォニックスによる発音学習は非常に重要ですが、なるべく早い段階で学習することが大切です。子供に英語を習得させたいのであれば、幼児のうちから英会話スクールに通わせた方が良いです。それというのも、言語学習の臨界期という問題があるからです。一般的に15歳までであれば自然に言語が身につくと言われています。15歳を超えると母国語の影響力があまりにも強いために、理論や理屈を動員しながら勉強しないと言語の習得は難しいのです。15歳を超えると他の言語が習得できないわけではありませんが、難しくなるので、自分の子供に英語を学ばせたい場合は、早期教育をお勧めします。

Copyright© 2017 通いやすい英会話教室に通おう〜ペラペラ英語を身に付ける〜 All Rights Reserved.